田中歯科医院⇒タナカ・デンタル・クリニックの歴史

田中衡三郎(曾祖父)

大正4年3月 長崎市大浦七楽座前にて開業

大正5年2月 長崎市本古川町12番地(現在地)に移転

 

 20歳代から陸軍の看護班で活躍

 明治39年4月1日 勲7等青色桐葉章(第625777号)授与

 

大正12年7月30日 乗馬中の不慮の事故にて死去

田中正芳(祖父)

大正15年7月11日 先代の2代目として長崎市本古川町12番地で開業

 その後、病気により転地療養を余儀なくされ

昭和10年9月 南高来郡加津佐町に転居し当地で開業

 

昭和61年10月24日 文部大臣表彰

昭和62年11月  3日 勲五等賓章(第201917号)授与

 

平成9年8月 死去

田中克憲(父)

昭和49年1月7日 長崎市銅座町に移転開業

平成  4年1月1日 長崎市江戸町に移転開業

平成  9年5月6日 長崎市古川町に移転開業(現在地)

 (田中衡三郎の開業地へ戻る)


昭和60年 4月 1日 長崎県歯科医師会専務理事(6年間)

         平成 6年 4月 1日 長崎市歯科医師会会長(3年間)

        

        平成 3年11月30日 九州地区連合歯科医師会表彰

        平成15年 4月   1日 長崎市市制功労表彰(保健衛生功労)

        平成15年11月23日 県民表彰(保健環境功労)

        平成15年11月27日 日本歯科医師会創立100周年記念表彰

        平成16年11月27日 厚生労働大臣表彰(歯科保健功労)

        平成20年  4月29日 旭日双光章受賞(歯科保健功労)

各種健診事業を行っています。

タナカ・デンタル・クリニックは

V・ファーレン長崎を応援します!

 

LINE

始めました

 

携帯で簡単アクセス